DRONE

ドローン調査

太陽光パネル内部の異常は大分ビルダーのドクタードローンで徹底的に診断

POINT

なぜ、ドローンで調査なのか?
3つの理由!

見落とさない調査

GPS制御自立飛行プログラムと高性能赤外線カメラにより、確実な調査を行います。

安全な調査

人では危険な場所も、ドローンなら空から安全に調査ができます。

短時間な調査

通常の保守点検では6日間を要する場所でも、ドローンならたったの10分で完了します。

1MWの発電所の場合。

従来

人員
4人
作業時間
6日

ドローン

人員
2人
作業時間
10分

費用と時間が大幅に削減。

STEP

ドローン調査の流れ

調査

解析

調査報告

ドローン調査には、国の許可と承認が必要です。

大分ビルダーのドローンパイロットは、
国の許可と承認を保持しており、

大分ビルダーの
ドローンパイロットは、
国の許可と承認を
保持しており、

日本ドローン協会公認ドローンインストラクターが常駐しています。

気付かない事に気付いていますか?

ドクタードローンだから発見できるホットスポット
太陽光パネルの発電不良箇所「ホットスポット」
ホットスポットの放置は、売電収入の損失に直結します。

クラスター故障の発見

太陽光パネルの故障の中で発見しづらく、特に注意が必要なものがクラスターの故障です。 多くの太陽光パネルは、1枚の中に約300箇所のハンダ接合部分があり、3つのグループ(クラスター)に分かれて構成されています。 1つのクラスター内でハンダ接合部分の不具合が起こると、そのクラスターがダウンし、同時に出力の3分の1が失われることになります。 構造上パネル同士が直列に接続されているため、クラスター故障がストリング全体に影響し、莫大な売電損失を招いてしまうことになります。 大分ビルダーでは、ドローン調査によって収集したデータから、クラスター異常の検出が可能。結晶系パネルのみならず、CISなどの薄膜系パネルにおいても検出が可能になりました。

TOP

太陽光発電の専門ドクター
大分ビルダー
お気軽にお電話ください

© 2019 株式会社 大分ビルダー

NOW LOADING